長編小説アンナ・カレーニナを挫折せずに読むための方法まとめ

アンナ・カレーニナを挫折せずに読むための方法まとめ

小説「アンナ・カレーニナ」は、ロシアの文豪トルストイの代表作で、文学小説として高い評価を受けている作品です。

小説の有名な書き出し「幸福な家庭はすべて互いに似かよったものであり、不幸な家庭はどこもその不幸のおもむきが異なっている。」は、「アンナ・カレーニナの法則」として引用されくらい、教養として定着していると言っても過言ではありません。

文学小説としては比較的わかりやすいストーリーではありますが、途中で読むことを挫折してしまう方も少なくありません。

なぜなら、アンナ・カレーニナは登場人物が多く、ロシア人名が覚えづらいといった特徴があるからです。

そこで、挫折の主な要因である登場人物の情報を整理し、わかりやすくまとめましたので、迷ったときの道案内としてご利用ください。

なお、人物名やセリフは、もっとも一般的な木村浩訳の新潮文庫版をもとにしています。

アンナ・カレーニナを読む途中で挫折する3つの理由

理由1 登場人物が多すぎる

単純に登場人物が多いので、普通に読み進めると、頭の中だけではまず覚えられません。

登場する人名は150を超えます。

「覚えられなければメモしておけばいい」と考えがちですが、この人数になると名前を書き出すだけでも大変です。

物語の進行とともに次から次へと新しい名前が出てきますが、その多くは二度と出てきません。

が、中には間をあけて出てくる人物もいたりします。

メモを取るにしても、初めて読むときは人物の重要度が判断できないので、結構ストレスになります。

理由2 ロシア人名が覚えづらい

物語の冒頭に登場する「ステパン・アルカージッチ・オブロンスキー」を例にします。

まず、フルネームが長いです。

さらに、ロシア人名が覚えづらいのは、名前が長いからだけではありません。

なぜなら、日本人にはない父称や愛称があり、さらに性別による変化があるからです。

ロシアでは「ファーストネーム+父称+ファミリーネーム」が正式な人物名となります。

これが人間関係に応じて呼び方が変わります。

目上の人や親しくない人を呼ぶときは「ファーストネーム+父称」で、「ステパン・アルカージッチ」となります。

逆に、親しいときはファーストネームで呼ばれ、特に親しいときは愛称で呼ばれるようになり、彼の場合は「スチーヴァ」となります。

さらに父称やファミリーネームは、基本的に性別で語尾が変化します。(変化しないのもあります。)

例えば、スチーヴァとアンナは兄妹ですが、男性であるスチーヴァの父称はアルカージッチで、女性であるアンナの父称はアルカージエヴナです。

ちなみに、この兄妹の父親の名前は出てきませんが、父称から父親の名前はアルカージー(露: Аркадий、英: Arkady)であることがわかります。

また、女性であるアンナのファミリーネームはカレーニナで、夫のファミリーネームはカレーニンになります。

ロシア人名が複雑で覚えづらいのは、ロシア文学を読む上での宿命と言えます。

理由3 話が長いので人間関係が分かりづらい

小説は全8編で構成されていて、文庫本で1500ページを超える長編となっています。

私が初めて読んだときは、読み終わるまで1ヶ月以上かかりました。

読み始めてから時間が経つと、最初の方に出てきた人物のことはほぼ覚えていません。

加えて、登場人物の多さとロシア人名の覚えづらさのおかげで、読み進めているうちに、以前に登場した人物の人間関係がよく分からなくなります。

アンナ・カレーニナを挫折せずに読むための方法

人物相関図で主要人物の関係をざっくり理解する

人物相関図は、小説を読む上でのナビのようなものです。

地図を見ずに冒険する方が好き、という方もいると思いますが、普通はナビを見て進んだ方が迷いません。

人物相関図を見ることで、誰が主要人物なのかがひと目でわかります。

また、誰と誰が兄弟で、誰が誰のことをどう思っているか、などの関係性もかんたんに理解することができます。

アンナ・カレーニナ ひと目でわかる人物相関図【アンナ・カレーニナ】ひと目でわかる人物相関図

登場人物一覧でキャラ付けを理解する

アンナ・カレーニナを読んでいると、「あれ?この人物は前に出てきた気がするけど、どういう人だったっけ?」と感じることが多くあります。

登場シーンを見返そうとしても、ページ数が多いので、なかなか探すことができません。

そんな時にこの登場人物の一覧を見れば、どんなキャラだったかをかんたんに思い出すことができます。

アンナ・カレーニナ 登場人物一覧【アンナ・カレーニナ】登場人物一覧と解説 アンナ・カレーニナ マイナー人物一覧【アンナ・カレーニナ】マイナーな人物の一覧と解説

時系列で物語の流れを理解する

アンナ・カレーニナは物語の中でも結構時間が経過していきます。

時系列を確認するだけで、それまでの出来事を再確認できます。

時系列はある程度読み進めたときに、改めて現在地を確認したいときに役立ちます。

詳細記事は作成中。

アンナ・カレーニナをより深く楽しむ方法

名言や格言を楽しむ

アンナ・カレーニナには、名言や格言がたくさん出てきます。

まさに、人間社会の真理、人としての生き方や仲よい夫婦の秘訣となるような言葉です。

物語をとおして、この名言や格言を理解することで、実生活にも活かせる学びを得ることができます。

アンナ・カレーニナ 人に紹介したくなる名言や格言【アンナ・カレーニナ】人に紹介したくなる名言や格言

まとめ

小説アンナ・カレーニナは、小説としておもしろいだけではありません。

トルストイによる人間心理の深い洞察は、時代を超えた普遍性を持っています。

娯楽としても、教養としても、時間をかけて読んでも損はありません。

この記事が、小説アンナ・カレーニナを最後まで挫折せずに読むためのお役に立てば幸いです。

コメントを残す