◯等官って何?官等表でみるロシア文学の登場人物一覧

官等表でみる登場人物一覧

ゴーゴリやドストエフスキーなどのロシア文学の小説を読んでいると、こんな表現がよく出てきます。

  • 「わたしは九等官です」
  • 「あの人は十四等官未亡人だ」

この◯等官という表現を「なんとなく身分を表しているんだろうな」、くらいの感覚で読み飛ばしていませんか?

幕末の小説におきかえると、徒士なのか足軽なのか、白札なのか郷士なのか、のような身分関係を理解していた方が、より世界観を楽しめますよね。

そこでこの記事では、ロシア文学に登場する人物の階級を官等表にまとめました。

ほかの物語の人物と比べることで、より深く小説を味わえると思います。

官等表

官等表(露:Табель о рангах、英:The Table of Ranks)は、帝政ロシア時代の1722年に、初代皇帝ピョートル1世が公務員の階級について制定したものです。

軍隊の階級にも対応し、帝政が崩壊する1917年まで続きました。

階級は14段階に分かれており、十四等官がもっとも低く、一等官がもっとも高い階級となります。

少なくとも理論上は、出生や富に関係なく一番下の階級から始まり、功績によって昇進していきます。

十四等官で一代貴族となり、八等官(1845年には五等官に引き上げ)で世襲貴族となることができました。

五等官以上になるには皇帝の承認が必要でした。

等級文官陸軍武官海軍武官宮内官吏
第一等尚書(大臣) 若しくは実権ある一等枢密議官陸軍元帥海軍総督
第二等実権ある(現任)枢密議官歩兵大将
騎兵大将
砲兵大将
工兵大将
提督侍従長
近衛都督
御猟総官
式部卿
御厩長官
式務卿
第三等枢密議官中将副提督膳部総官
御猟官
式部官
御厩官
大彫刻官
第四等実権ある(現任)発事官少将小提督侍従
第五等発事官参謀官膳部官
第六等集議官大佐艦長接待官
第七等参事官中佐副艦長
第八等参事官補
第九等非役(名義)参事官大尉大尉
第十等書記官中尉
第十一等廃止
第十二等地方書記官少尉士官試補(候補)
第十三等廃止
第十四等録事少尉補旗頭(少尉捕)

官職の日本語訳:『露国事情』帝室ニ属スル官職より(国立国会図書館)

小説に出てくる人物の階級

四等官

五等官

イワン・イワノーヴィチ・クロプシュトーク(罪と罰)

礼服を着た鼻(鼻)

六等官

パーウェル・イワーノヴィッチ・チチコフ(死せる魂)

七等官

ピョートル・ペトローヴィチ・ルージン(罪と罰)

カテリーナ・イワーノヴナ・マルメラードワの父(罪と罰)

チェバーロフ(罪と罰)

クリュコフ(罪と罰)

ボーリ(アンナ・カレーニナ)

八等官

プラスコーヴィヤ・パーヴロヴナ・ザルニーツィナ【未亡人】(罪と罰)

プラトン・グジミッチ・コワリョーフ(鼻)

ゴーゴリの小説「鼻」の登場人物で、少佐とも呼ばれている。

八等官といっても学校の免状のお蔭でその官等を獲得したものと、コーカサスあたりで成りあがった者とでは、まるで比べものにはならない。この両者は全然、類を異にしている。学校出の八等官の方は……。だが、このロシアという国は実に奇妙なところで、一人の八等官について何か言おうものなら、それこそ、西はリガから東はカムチャツカの涯に至るまで、八等官という八等官がみな、てっきり自分のことだと思いこんでしまう。いや、これは八等官に限らず、どんな地位官等にある人間でもやはり同じことで。さて、このコワリョーフはコーカサスがえりの八等官であった。それも、この官等についてからまだやっと二年にしかならなかったため、片時もそれを忘れることができず、そればかりか、なおいっそう品位と威厳を添えるため、彼は単に八等官とはけっして名乗らず、常に少佐と自称していた。

ゴーゴリ『鼻』青空文庫

九等官

アカーキイ・アカーキエヴィッチ・バシマチキン(外套)

ゴーゴリの小説「外套」の主人公。

万年九等官の文書係で、年に400ルーブルの俸給にあまんじている。

官等にいたっては(それというのも、わが国では何はさて、官等を第一に御披露しなければならないからであるが)、いわゆる万年九等官というやつで、これは知っての通り嚙みつくこともできない相手をやりこめるというまことにけっこうな習慣を持つ凡百の文士連から存分に愚弄されたり、ひやかされたりしてきた官等である。

ゴーゴリ『外套』青空文庫、1ページ

セミョーン・ザハールイチ・マルメラードフ(罪と罰)

ヴェンデン(アンナ・カレーニナ)

十四等官

アリョーナ・イワーノヴナ【未亡人】(罪と罰)

まとめ

別の小説に出てくる人物の階級と比較することで、時代背景や生活水準の違いなど、新たな発見があるかもしれません。

一覧表は少しづつ追加しています。

ほかにも官等をもつ登場人物をご存知の方は、コメントに書いていただけるとうれしいです。

コメントを残す