【2021年徹底比較】都道府県YouTube公式チャンネルランキング(自治体)

  • 都道府県のYouTube公式チャンネルで一番発信力があるのはどこ?
  • 知事として自分の都道府県の発信力を知りたい。
  • 自治体の広報企画担当者としてプレゼンの基礎資料が欲しい。

各都道府県庁は観光や防災などさまざまな目的で公式YouTubeチャンネルを開設しています。
再生回数や登録者数などを用いて分析した結果をグラフ化しました。

データ調査日は2021年5月22日です。

この記事で分かること
  • 各都道府県の公式YouTubeチャンネルの総再生回数や登録者数がわかる
  • チャンネル登録年月日や都道府県人口との関係がわかる
  • 公式チャンネルの中で再生数の多い動画ランキングがわかる

チャンネルデータについて

公式チャンネルについて

都道府県のWebサイトからYouTubeの公式チャンネルへのリンクを探しました。
チャンネルが複数ある場合は、登録者数の多い方を代表チャンネルとしました。

チャンネル登録者数

YouTubeのチャンネルページを開くと、チャンネル名の下に「チャンネル登録者数」が表示されています。

下の画像は東京都の例で、この時点では「15.4万人」となっています。

チャンネル登録日

チャンネルページの概要タブを開くと、統計情報欄に日付が表示されています。
さきほどの東京都の例では、「2005/11/23」に登録されていることが分かります。

ちなみに、都道府県公式チャンネルの中で最も登録が早かったのは京都府の「2005年10月27日」です。

wikipediaによるとYouTubeが開設されたのは2005年2月14日ですので、京都府や東京都の登録はかなり早かったと言えます。

総再生回数

同じくチャンネルページの概要タブの統計情報欄に表示されています。

東京都の例では「78,236,778回」となっています。

チャンネルデータを単純に比較する

総再生回数ランキング

  • 再生回数の多い都道府県は?

チャンネルに登録されている動画全ての総再生回数をランキングにしました。

【都道府県公式YouTubeチャンネル】総再生回数ランキング

さすが日本の首都ですね。
1位が東京都というのは予想どおりの結果と言えそうです。

順位チャンネル名総再生回数
1東京都 Tokyo Metropolitan Government7,800万回
2いばキラTV – IBAKIRA TV –6,700万回
3PrefFukushima3,500万回

東京都のYouTube公式チャンネルの特徴は?(準備中)

チャンネル登録者数ランキング

  • チャンネル登録者の多い都道府県は?

チャンネルをフォローしている登録者数をランキングにしました。

1位は総再生回数と同じく東京都ですが、2位の茨城県との差はわずかです。

順位チャンネル名登録者数
1東京都 Tokyo Metropolitan Government154,000人
2いばキラTV – IBAKIRA TV –143,000人
3岩手県公式動画チャンネル47,300人

動画本数ランキング

  • 動画本数の多い都道府県は?

チャンネル内にアップロードしている動画数をランキングにしました。

1位は茨城県です。

なんと2位の東京都にダブルスコアの差をつけています。
茨城県の広報担当者は、相当汗をかいているんでしょうね。

そしてここで3位に静岡県が入りました。

順位チャンネル名動画数
1いばキラTV – IBAKIRA TV –7,177本
2東京都 Tokyo Metropolitan Government3,469本
3shizuokapref3,029本

茨城県のYouTube公式チャンネルの特徴は?(準備中)

データを組み合わせて分析する

人口一人当たりの総再生回数ランキング

  • 都道府県の人口一人当たりの再生回数が多いのは?

単純な総再生回数の1位は東京都でしたが、これは人口が多いほど有利じゃないの?
という疑問に応えるため、総再生回数を都道府県人口で割り、人口一人当たりの総再生回数で比較しました。

なお、人口は平成27年国勢調査人口を使っています。

今までのランキングでランク外だった鳥取県が2位に入りました。
1位~3位は僅差で、比較的人口の少ない県が上位を占めています。

順位チャンネル名総再生回数人口一人当たり
1いばキラTV – IBAKIRA TV –6,700万回291万人22.94
2とっとり動画ちゃんねる1,200万回57万人21.82
3岩手県公式動画チャンネル2,800万回128万人21.80

動画1本当たりの平均再生回数

  • 動画1本当たりの平均再生回数が多いのは?

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」もいいですが、動画1本当たりの平均再生回数も気になるところです。

この分析から動画1本1本のクオリティが見えてきます。

Gifu!ギフ!岐阜!
2位に10倍差をつけての圧勝です。
なお、この「Go Gifu」は海外向けの観光情報チャンネルとなっています。

2位の大分県はチャンネル名のとおり、ブランディングの成功例と言えるでしょう。

順位チャンネル名総再生回数動画数1本当たり
1Go Gifu1,000万回17本59万回
2おんせん県おおいた公式(大分県広報広聴課)500万回77本6万5000回
3東京都 Tokyo Metropolitan Government7,800万回3,469本2万2000回

岐阜県のYouTube公式チャンネルの特徴は?(準備中)

総再生回数とチャンネル登録日、都道府県人口の関係

  • チャンネル登録が早ければ再生回数は多いのか?
  • 総合的に成果を上げている都道府県は?
  • 成果が上がっていない都道府県は?

チャンネル登録日が早いほど、再生回数や登録者数は多くなることが予想されます。
視覚的にわかるようにバブルチャートにしました。

横軸がチャンネル登録日、縦軸が都道府県人口、バブルの大きさが総再生回数です。

左寄りにある東京都、茨城県を見るとチャンネル登録が早い方が再生回数が多いように見えますが、北海道や京都府のバブルは大きくありません。

登録日が中央付近の福島県や岩手県、鳥取県のバブルが比較的目立っており、成果が上がっていると言えそうです。

登録日と人口のアドバンテージを生かせていない京都府、大阪府、愛知県、福岡県といった大都市の低調ぶりが気になるところです。

分析レポート(PDF)

Googleデータポータルを使ってレポートにまとめましたので、自由にご利用ください。

下の画像クリックでPDFデータがダウンロードできます。

全都道府県の中で再生回数の多い動画ベスト5

ここまではチャンネルのデータに着目してきましたが、最後に再生回数の多い動画を紹介します。

啓発目的の動画ですので、バズるという表現は適切ではないと思いますが、これらの動画から多くの方に見てもらうためのヒントが得られると思います。

第5位「危険ドラッグの本当の恐さ」【神奈川県】

再生回数280万回
長さ2分3秒
公開日2015/9/1

独特な怖いタッチのアニメで、薬物の危険性を啓発する内容となっています。

第4位「ダメよ~万引きなんて」【岡山県】

再生回数505万回
長さ6分11秒
公開日2015/4/14

再生回数は505万回、長さは6分11秒です。
こちらもアニメですがストーリーのあるしっかりした作りで、万引きの影響を啓発する内容となっています。

第3位「新型コロナウイルス感染症対策「福くん家庭内感染防止」編(15秒ver.)」【東京都】

再生回数550万回
長さ15秒
公開日2020/9/11

第2位「7-Minute Miracle/7分間の奇跡」【東京都】

再生回数690万回
長さ1分38秒
公開日2015/1/17

新幹線がわずかな時間で清掃を終えて再び出発していく様子を「7分間の奇跡」と題して制作されたものです。

早回し編集は観ていても軽快で、英語のキャプションは海外を意識していることが伺えます。

第1位「地震の発生から津波の到達まで(提供:一般社団法人大船渡津波伝承館)」【岩手県】

再生回数2,500万回
長さ16分58秒
公開日2015/3/26

再生回数は2,500万回で、岩手県の公式チャンネルの総再生回数2,800万回のほぼ9割を占めています。

なお、この先は災害に関する動画へのリンクがあります。映像をご覧になった時に精神的なストレスを感じられる方もいらっしゃる可能性があります。ご自身の判断にてご覧いただきますようお願いいたします。

動画へのリンクはこちらからどうぞ。

まとめ

ひとくちに都道府県の公式チャンネルといっても、総再生回数や登録者数などにかなりの差があることが分かりました。

また分析したきたデータからは、茨城県「いばキラTV – IBAKIRA TV -」の健闘ぶりが明らかになりました。

47都道府県の中で自分の自治体がどういうポジションにあるかを知ることで、YouTubeでの発信戦略の一助になれば幸いです。

コメントを残す